--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/09/30.Fri

【自由民主党】谷垣禎一総裁 定例記者会見(2011.9.29)

谷垣禎一総裁 定例記者会見(2011.9.29)


9月29日夕方、党本部・平河クラブ会見場で行われた、谷垣禎一総裁の定例記者会見の模様をお届けします。

会見全文
http://www.jimin.jp/activity/press/president/113996.html

谷垣総裁発言
まず原発事故調査委員会の国会設置について、これはわが党がその設置を強く求めてきたわけですが、今日の衆議院本会議で国会に原発事故調査委員会を設ける法案が可決されました。参議院の質疑はこれからですが、この調査委員会において、今後、徹底的な事故原因の究明・調査を行って、再発防止に役立てたいと考えている。

次に、今日で衆参4日間の予算委員会が終わりました。この予算委員会は、野田政権ができて、一体何をしたいのか、どのような国づくりを目指しているのか、あるいは国民に対して、どのようなメッセージを出したいのか、そうした点を占う、あるいは政権の側から言えば、そういった点を国民に説明すべき、極めて大事な国会であり、予算委員会であったと思います。しかしながら、この4日間の審議を見ますと、野田総理は、空疎で他人事の様な答弁に終始していた。一見極めて丁重な態度でしたが、中身が伴っていないということで、日本の政治の最高責任者として、今の国難を打開するという情熱も、覚悟も、使命感も、全く感じられなかったのは誠に残念です。

それから、野田総理は、「震災復興が最重要課題である」と発言されているにもかかわらず、我々が主張してきた私立学校の災害復旧助成、あるいは二重ローン対策問題の法案について、全くこの国会で応じる姿勢が見られなかったことは、大変残念です。各大臣からの所信もなく、終始、総理・閣僚の基本的な考え方が明らかにされることがなかったわけです。そういうことでは、震災復興、外交・安全保障、円高・経済情勢等々に対する国民の不安は、解消されるどころか、ますます不安が高まる結果になってしまったと受け止めています。私どもは、一刻も早く次の国会を開会して、今申し上げた案件を早急に処理していくことを求めなければならないと考えています。

また、石川知裕衆議院議員への辞職勧告決議案提出について、申し上げます。小沢一郎元代表の政治資金問題を巡って有罪判決が出ました。石川議員について、本来であれば、その明確な刑事責任の重さを率直に認めて、即座に議員の職を辞されるものと考えるが、議員本人にはその意思が全くない。民主党もそれを追認するという状況を看過するわけにはいきません。昨日、石川議員に対する議員辞職勧告決議案を提出したところです。小沢元代表については、国会において十分な説明責任を果たすべきことは当然のことです。民主党代表である野田総理、及び輿石幹事長は、小沢元代表を巡る政治資金問題に対して、態度を明確にし、国会において証人喚問を実現すべきであると考えます。

※質疑応答は省略。会見テキストに記載


スポンサーサイト
自由民主党 | Comments(0)
2011/09/30.Fri

【自由民主党】国会原発事故調査委設置法案が成立

国会原発事故調査委設置法案が成立
http://www.jimin.jp/activity/news/114009.html

2011年09月30日

東京電力福島第一原子力発電所事故の調査委員会を国会の下に設置するための法案が30日、参院本会議で、全会一致で可決、成立しました。これにより、独立性・中立性が確保された調査委員会で、事故の原因究明が行われることとなります。

調査委員会は、関係者の参考人招致や資料の提出要求ができるほか、これらを拒んだ場合には、両院の議院運営委員会による合同協議会に、国政調査権の行使を要請することを可能にするなど強力な権限を持たせました。会議は原則公開となります。

調査委員会は、有識者10人で構成。メンバーは合同協議会で選ばれ、両院議長が任命する。半年以内に報告書を両院議長に提出しなければなりません。

わが党は、「国際社会は政府自身による調査を信頼していない」として、塩崎恭久衆院議員が中心となって法案を取りまとめ、8月9日に、公明党、たちあがれ日本の3党で共同提出していました。


自由民主党 | Comments(0)
2011/09/30.Fri

【自由民主党】「絆グッズ」売り上げの一部と救援募金を被災県の子供たちへ寄付 広報本部

「絆グッズ」売り上げの一部と救援募金を被災県の子供たちへ寄付 広報本部
http://www.jimin.jp/activity/news/114008.html

2011年09月30日

広報本部は30日、東日本大震災で親を失った子供たちへの支援として岩手、宮城、福島の各県が設けている基金に対し、それぞれ100万円(総額300万円)の義援金を寄付しました。同本部の梶山弘志広報戦略局長、平井たくやネットメディア局長の両衆院議員が、各県の東京事務所長に手渡しました。

この義援金は、同本部が企画した被災地支援チャリティーグッズ(絆グッズ)の売り上げの一部とチャリティーコンサートやネットサポーターズクラブ(JNSC)総会などで寄せられた救援募金を合わせたもの。なお、絆グッズの販売は今後も継続し、売り上げは被災地へ寄付していく予定です。


自由民主党 | Comments(0)
2011/09/30.Fri

【自由民主党】放射性物質の除染方針について政府批判相次ぐ 原発事故被害に関する特命委員会

放射性物質の除染方針について政府批判相次ぐ
原発事故被害に関する特命委員会

http://www.jimin.jp/activity/news/113995.html

2011年09月29日

原発事故被害に関する特命委員会が29日開かれ、東京電力福島第一原発の事故で拡散した放射性物質に対する今後の除染の進め方について、政府から説明を聞きました。事故発生から1年間の被ばく線量が20ミリシーベルトを超えるおそれがある地域は国が主体的に除染を行うほか、1から20ミリシーベルトの地域は市町村が除染計画を作成した上で、国がその円滑な実施を財政面などで支援する、という内容の原子力災害対策本部による「緊急実施基本方針」が示されました。

出席議員からは、政府が福島県内の市町村を対象に開いた説明会では、5ミリシーベルト未満の地域については財政支援の対象としないとの方針を伝えたことに対し、「国が責任を持つと言っておきながら、どういうことか」との批判が出されました。

また、基準となる被ばく線量の数値についても、「医学的な根拠を示すべき」「安全性の見地から線引きがされているのか」などの指摘がありました。同特命委員会の額賀志郎委員長は「原発事故の問題は被災地に限らず、世界的にも重要だ。これまでの政府の対応は遅れているので、わが党が除染などの新たな課題にしっかりと取り組まなければならない」との考えを述べました。


自由民主党 | Comments(0)
2011/09/30.Fri

【選挙】自由民主党徳島県連、徳島1区支部長に県議の福山守氏を内定

【時事】徳島1区支部長に県議=自民県連
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011093000418

徳島県議会議員 福山守 公式サイト
http://www.fukuyamamamoru.jp/
徳島1区データ wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%AC%AC1%E5%8C%BA

民主党・仙谷由人の地盤です。前回は自由民主党候補に大差をつけて勝利していました。
福山氏には厳しい戦いになりそうですが、健闘を祈ります。


選挙 | Comments(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。