--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/07/31.Tue

【自由民主党】"選挙で負けない谷垣体制"を高く評価 石原幹事長

"選挙で負けない谷垣体制"を高く評価 石原幹事長
http://www.jimin.jp/activity/news/117857.html

平成24年7月31日

「大きな選挙で負けることなく、また鳩山、菅政権を倒すことができた。これは谷垣総裁の実績だ」

石原伸晃幹事長は、31日に行われた定例記者会見で、2010年の参院選以降、国政選挙や主要な首長選挙において、谷垣体制のもとで敗北がなく、党内から再選を望む声があることに触れ、谷垣総裁のトップリーダーとしての手腕を高く評価しました。

一方、民主党では、衆院補欠選挙や地方選挙において同党が公認、推薦する候補者が相次いで落選しており、さらに沖縄県、東京都、山口県知事選では、普天間基地移設問題や岩国基地へのオスプレイ配備問題などの党内の意見集約ができず、地方組織との政策路線の対立もあって、政権与党が候補者すら擁立できない異常な事態が続いています。

【関連リンク】
石原伸晃幹事長記者会見(役員会後)


スポンサーサイト
自由民主党 | Comments(0)
2012/07/31.Tue

【自由民主党】山口県知事選挙 山本繁太郎氏の手腕に大いなる期待感

山口県知事選挙 山本繁太郎氏の手腕に大いなる期待感
大島副総裁「野田総理は民意から逃げるな」

http://www.jimin.jp/activity/news/117849.html

平成24年7月30日

大島理森副総裁は、29日に投開票が行われた山口県知事選挙で、自公推薦の山本繁太郎候補が当選したことについて、「今回の知事選は、野田政権の失政に対する山口県民の不満を一身に受けた戦いであった。当選した山本繁太郎氏は、優れた識見と想像力があり、情熱を持って県政の発展に努力してほしい」と、今後の山口県政における山本氏の行政手腕に対して、大きな期待感を示しました。

また、今回の知事選において、「政権与党たる民主党が山口県内においてもバラバラで、候補者も出さず傍観していた。先の沖縄県知事選、東京都知事選挙と同様で、もはや政権与党の気迫も力もない姿だ」と、政権与党にもかかわらず候補者すら擁立できない野田総理と民主党の体たらくに呆れた表情でコメントしました。

さらに大島副総裁は、「野田総理は、選挙から逃げないでほしい。選挙を怖がってはいけない」と、民意に耳を傾けることなく、保身のための政権運営を続ける野田総理を厳しく批判しました。


自由民主党 | Comments(0)
2012/07/30.Mon

【民主党】口蹄疫発生後に舟山康江はデンマークに出張(当時農林水産大臣政務官)

宮崎県で口蹄疫の発生が確認されたのは2010年4月20日。
感染が拡大しているにも関わらず、5月4日に舟山康江はデンマーク出張に向かう。

※時系列(2010年)
【4月20日】
 口蹄疫の発生が確認される。
【5月4日】
 デンマークに出発。
【5月9日】
 帰国。

※4月20日以降の被害状況
【農林水産省】口蹄疫の発生事例の防疫措置の状況
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/list_0716a.pdf


■ソース
【農水省】舟山農林水産大臣政務官の海外出張について
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kokusei/100430_1.html
【農水省】農林水産省幹部職員名簿 平成22年5月10日現在
http://www.maff.go.jp/j/org/who/meibo/100510.html
>>農林水産大臣政務官 舟山 康江


■関連情報
舟山康江 wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9F%E5%B1%B1%E5%BA%B7%E6%B1%9F
公式サイト
http://y-funayama.jp/
※2007年参院選・選出選挙区→山形選挙区


民主党
2012/07/30.Mon

【民主党】赤松広隆農林水産大臣の不信任決議案を否決した民主党

会議録 第174回国会 本会議 第33号(平成22年5月31日(月曜日))
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000117420100531033.htm?OpenDocument

○議長(横路孝弘君) 投票の結果を事務総長から報告させます。

    〔事務総長報告〕

 投票総数 四百四十七
  可とする者(白票)       百四十一
  否とする者(青票)        三百六

○議長(横路孝弘君) 右の結果、農林水産大臣赤松広隆君不信任決議案は否決されました。(拍手)


■ソース
【口蹄疫/赤松】「初動の遅れが混乱を招いた」赤松農相の不信任案、与党の反対多数で否決
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275314544/l50
【しんぶん赤旗】赤松農水相不信任決議案 赤嶺議員が賛成討論 与党が否決
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-06-01/2010060102_02_1.html


民主党
2012/07/30.Mon

【民主党】馬淵澄夫が口蹄疫について記述したチラシで宮崎県を批判

2010年5月22日、民主党の馬淵澄夫は宮崎県で感染拡大していた口蹄疫について資料を発行した。
与党民主党の不手際に言及する部分はなく、宮崎県に対する労いや見舞いの言葉も無い。
他者の批判と自己弁護に終始した内容だった。

※資料の内容
宮崎県の農家で家畜伝染病の口蹄疫の感染が疑われる牛が見つかってから約1ヶ月がたちます。
その間、宮崎県での感染疑い件数は127例、殺処分される豚や牛などの総数は11万8千頭を超えました。
しかし、実際に殺処分されたのは人員不足や埋却地不足のため5割から6割にとどまっているようです。
口蹄疫が国内で確認されたのは、2000年以来10年ぶりとなりますが、当時は、宮崎県と北海道で740頭の牛が処分され、3か月で終息しました。しかし、今回は発生後1か月で、殺処分の対象となった家畜がすでに前回の100倍を超えています。

◆初動が極めて大事
被害は、県外も含めさらに広がる可能性があります。口蹄疫ウイルスは人や車に付着して運ばれるケースもあり、さらには風によっても運ばれます。また、感染力が強いため瞬く間に感染が広がるのです。

2000年の感染の際には、家畜の飼料に使われた中国産のわらが感染源と疑われ、その後、輸入の際に殺菌する措置がとられるようになったとされます。しかし、現実に口蹄疫ウイルスは日本に侵入しました。今回のウイルスがどういった経緯で進入したかは定かでありませんが、人や物に付着して進入するルートについては事実上防ぎようがないのです。水際で完璧に抑えることは極めて難しいと言わざるを得ません。この点からも口蹄疫の感染拡大を防ぐには早期発見、迅速対処が極めて重要と言えるでしょう。一度感染が拡大してしまうと物理的に対応が困難な状況に追い込まれます。対処できる獣医の人数には限りがあり、また、処分した家畜を埋却する場所や労力も追いつかなくなります。結果としてその間もウイルスは増殖、感染を続ける事態に追い込まれてしまいます。

宮崎県は最初に疑いのある水牛の事例が農家から報告された後、3週間もたって初めて感染を確認しました。
その間に感染が拡大した可能性が高く、明らかに初動対応に失敗しました。報告した農家は口蹄疫の可能性についても当然頭の片隅のあったからこそ報告したはずです。県の担当部局に危機意識と口蹄疫に関する十分な知識が欠如していたと言わざるを得ません。


今後は自治体レベルでの危機意識の共有と対処法の浸透が必要不可欠です。さらには感染が拡大してしまった場合の人的、物的手当てを具体的に定めておく必要があります。

◆政争の具にするな
「自民党政権であればここまで広がらずに食い止められた」とは誰も言えません。
口蹄疫は旧政権時代にも世界各地で発生しており、十分な危機意識と適切な防疫体制はその時点でも存在していなかったのです。大切なのは批判するよりも一致協力して口蹄疫を根絶させ、対処体制を確立させることです。口蹄疫を政争の具にしてはなりません。


■ソース
【口蹄疫】民主党馬淵「県が悪い。批判せず一致協力することが大切。政争の具にするな」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1274933780/
馬淵澄夫 公式サイトのPDF資料(リンク切れのため魚拓)
http://megalodon.jp/2010-0527-1111-31/www.mabuti.net/news/0442.pdf
画像ver
http://blog-imgs-56.fc2.com/l/e/a/learn0000/20120730150516bde.jpg


■関連情報
馬淵澄夫 wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E6%B7%B5%E6%BE%84%E5%A4%AB
公式サイト
http://www.mabuti.net/
※2009年衆院選・選出選挙区→奈良1区


民主党
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。