--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/03.Sat

【雑記】優れた報道とは5W1Hが明確で無駄がないもの

■優れた報道とは
優れた報道と言っても人によってイメージするものは違うでしょうが、私の場合は「5W1H」を重視します。
「誰が」「何を」「いつ」「何処で」「なぜ」「どのように」が明確に示され、簡潔で無駄がないこと。
これが優れた報道の定義と考えています。

しかし、必ずしもそのような報道ばかりではありません。
ソースの5W1Hのいずれかが不明確な報道がある。
「○○党の××議員」とは書かずに「○○党の若手」「首相側近」と言った曖昧な書き方など。
あるいは時間や場所、背景の説明が欠如しているもの。
それらは優れた報道とは言えません。


■ニュース番組の形式
ニュース番組の形式で以下のようなものがあります。
・ニュース映像を流す→コメンテーターが語る
・貼り付けられた記事を司会者が解説していく

ワイドショーやニュース番組でよく見られる形式ですが、これらは必ずしも優れた報道とは言えません。
何故ならば、司会者やコメンテーターが公正中立で見識が高い人物という保証がないから。
コメンテーターの発言はニュースに対する意見や感想が主になりますが、
公正性を保ちたいならコメンテーターなど介さず、淡々とニュースを読み上げて5W1Hを伝えればいいだけ。
報道において意見や感想は、しばしば公正性や正確性を損ない、無駄な部分となることがある。


■報道に対する不満
何でこんなことを書いたのかというと、
事実と意見と願望、それらの区別ができない報道が多くはないか。
あまりに質の悪いものが多すぎると、そう思っているわけであります。

私は普段から5大紙のニュースサイトはチェックしていますが、
正確とも公正中立とは言いがたい、恣意的な記事によく遭遇するので不満だらけです。
報道全体に苛立ちが募っている。

以下は個人的な愚痴。

政治記者の私的な見解など見たくはない。
マスコミは5W1Hを淡々と伝えていればそれでいい。
それ以上は求めない。
あとは自分の頭で考える。

どうしても意見の提示がしたいなら、社説やコラムでやるべき。
通常の記事に願望や意見を混ぜてくるのはやめろ、非常に見辛い。

あと、ソースは最低限の信頼性くらい保障してくれないと困る。
一次ソースを調べたら記事と内容が違っていた、飛ばしだった、という事例が1回や2回じゃない。
読み手が情報検証しなければ信頼性が保障できないってありえないだろう。
それは報道として以前に、企業の仕事内容として問題がある。


スポンサーサイト
雑記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。