--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/04/16.Mon

【自由民主党】谷垣禎一総裁記者会見(2012.04.12)



会見全文
http://www.jimin.jp/activity/press/president/116477.html

谷垣総裁発言
まず、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射についてでありますが、本日、北朝鮮が「衛星」打ち上げと称する長距離弾道ミサイル発射の予告期間を迎えたわけです。16日までの間に発射を行うとしております。わが党もこの問題については、「北朝鮮ミサイル問題緊急対策会議」を設置し、万全の体制で備えるとともに、緊張感を持って北朝鮮の動向を注視しているところであります。発射が強行された場合は、安全確認や情報収集を徹底すると同時に、北朝鮮に対し、断固として抗議していく考えでございます。

もう一つの問題は前田国交大臣に関する件でありますが、国交大臣が、岐阜県下呂市長選、これは8日に告示されて15日に投票とのことですが、その告示前に、大臣直筆のサイン入りで特定の候補を応援する文書を地元建設業協会の幹部宛に郵送し、本人もその事実を認めたとのことであります。封筒は国土交通省の封筒に入っていたとのことです。建設業界を所管する大臣が自らサインをし、建設業協会に支援を求めるやり方は、公職選挙法の定める不当な『地位利用』に当たり、大変遺憾であります。まずは、政府がどのような対応をとるのか、またご本人がどのようなけじめをつけるのかを注視してまいりたいと考えております。

※質疑応答は省略。会見テキストに記載


スポンサーサイト
自由民主党 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。