--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/04/22.Sun

【雑記】猜疑心と好奇心と想像力

政治活動において何が重要か、と問われれば山ほどあるが、
自分は猜疑心と好奇心と想像力、これが重要だと思っている。

人間の調べられること、学べることは限度がある。
個人が把握できる情報など、いくら博識な人間でもたかが知れているので、
だからこそ、常に学び続け、他人の意見を鵜呑みにせずに自分で物事を調べる必要がある。

■騙されやすい人の傾向
入ってくる情報に脊髄反射し、大人数が踊らされてしまう事例は過去に何度も見てきましたが、
他人の意見に流されやすい人間には一定の傾向があるみたいです。
「平然と嘘をつく人間がいることを意識していない」
「自分で調べる意欲に欠ける」
「自分の見たものしか認識できない」
こういうタイプが流されやすい。

政治を話題にした番組を見ていたとしましょう。
「この報道は正確だろうか」
「偏った内容ではなかったか」
「他の情報はどうだろうか」
慎重な人物であれば、このような考えが浮かんでくる。
自然と二手先、三手先まで考えがまわります。
しかし、猜疑心と好奇心と想像力が欠けていればこれらの考えが浮かんでくることはありません。

■日本人はマスコミの信頼度が高すぎる
面白いデータがあります。
日本人は世界でもトップクラスにマスコミに対する信頼度が高い、というもの。
マスコミに流されやすい日本人は多い、これは決して適当な話ではない。

世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる
http://www.garbagenews.net/archives/1102258.html

■自分の知らないことにも認識を広げる
誰しも知らないことは当然ながらある。
それを常に自覚して、脊髄反射せずに落ち着いて物事を考えることがまず大事。
何をやるにもまずは情報収集と落ち着いた思考です。

政治に限りませんが、よく知らないのにわかった風なことを言う人を見ませんか?
それらは側から見ると見っともないものですから、自分が同じことをやっていないか注意しなければいけない。


スポンサーサイト
雑記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。