--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/12.Sat

【雑記】大阪維新の会に期待できない理由

近畿住人でもなく、大阪の情勢に詳しいわけではないので
大阪維新の会については今まであまり触れていなかったが
国政進出を視野に入れているようなので、それについて語りたい。


■維新に対するスタンス
はじめに、私は大阪維新の会を支持していません。
これは私の支持政党と違うから不支持というわけではなく、
とくに期待はしていないという意味です。


■大阪維新の会が国政進出を視野に入れていることを示すソース
大量にありますけど、例えばこれらの記事↓
【読売】維新塾1300人が国政選立候補に意欲
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120504-OYT1T00118.htm
【時事】衆院選、候補者を全国公募=現職国会議員も対象に-維新
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012042100187
【毎日】大阪維新の会:衆院選へ加速 6月上旬に「八策」、「過半数獲得を」 第2回政治塾開催、候補者発掘へ着々
http://mainichi.jp/area/news/20120414ddf041010008000c.html


■不安要素は「政権担当能力」
大阪市政・府政における個別政策は詳しく知らないので触れません。
批判するのは「維新の国政進出」その一点に絞ります。

獲得できるのが数議席なら、大した影響はないかもしれない。
しかし、仮に国政を左右するだけの議席を獲得して、連立与党にでもなった場合は影響大になります。

国政進出にあたって、私が最も気にしているのが政権担当能力。
維新は個別政策の評価以前に、もっと根本的なところに不安要素があると考えています。

経済、外務、安全保障、農林水産、厚生労働など、
国政では各種政策に対する幅広い知識が求められます。
例えば国会ならこれだけの常任委員会がある↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E4%BB%BB%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

大阪維新の会には各政策の調査・意見集約・立案・調整を行い、
実のある仕事をするだけの人材やノウハウは有しているのでしょうか。

大阪維新の会 公式サイト
http://oneosaka.jp/
構成員
http://oneosaka.jp/member/

公式サイトに国政レベルのことはまだ書いていません。
船中八策でしたか、まとめている途中のようですが。
構成員は地方首長、大阪府議会議員、大阪市議会議員だけです。
この状態で本当に大丈夫なのですか?

あと、単純に比較できる話では必ずしもないのですが、
現在の与党である民主党は満足に政権運営ができていません。
しかし、その民主党は結党から10年以上も国政で活動していました。
経験の長い国会議員も所属していました(元は自民党や社会党のメンバーだった者など)。
それにもかかわらず、あの体たらくです。
政権担当能力が、簡単に得られるわけではないことの証明と言える。

現時点で維新に国政経験のある現職国会議員はいません。
また、次期衆院選で大量に候補を出すとしたら、
中には経験者が参加するかもしれないが、おそらく大半は新人になるでしょう。
要するに国政に関しては間違いなく素人なので、民主党以下のクオリティしか発揮できないのでは?
そういった不安がある。

だから、現時点で私は維新の国政進出に期待する気にはなれない。
国政を素人に任せたくない、政策の方向性以前に最低限の政権担当能力があるか疑わしい。
それが自分の率直な気持ちです。


スポンサーサイト
雑記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。