--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/12.Sat

【雑記】一言ネタ(20120512)

■麻生派例会
【自由民主党】麻生太郎(為公会例会) 2012年5月10日
為公会の例会挨拶は、短く簡潔で内容が理解しやすい。
数分で国政の寸評を行うので、簡易ニュースとしても見れる。


■尖閣のための寄付が4億円突破
【産経】石原氏、「尖閣」単独購入の意向 寄付は4億7000万円に
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120511/lcl12051123410005-n1.htm
短期間でこれだけ集まるとは…
領土や国防に関心を持っている人が多くなったのかもしれない。


■大阪維新の会
次期総選挙において国政進出を目指しているようだが、
個別政策だとか、橋下市長の評価だとか、それ以前にこの政党には
十分な政権担当能力があるのか疑わしいので現時点で期待していない。
構成員が地方レベルの人材ばかりで国政経験者がいないし、
国政を担うに足るだけの組織や仕組みが整っているか、それがわからないうちは軽々に支持はできない。
自分は素人政治には嫌気が差してるので、否応にも不安な気持ちになる。


■政権担当能力
自分なりに様々な人間の意見を見てきたが、
政治家や政党の良し悪しを判断する基準として、政権担当能力という概念がない人は珍しくなかった。
政治は誰がやっても同じではなく、場合によっては最低限の仕事すらできない者がいることもある。
以前に麻生さんが語っていたが、これからはワンイシューではなく総合力で選ぶことを考えることも大事。


■政治なんて誰がやっても同じ
「政治なんて誰がやっても同じ」という意見は無責任ではあるが、
同時に誰がやっても最低限の仕事はしてくれるはず、そんな信頼の表れでもあったかもしれない。
しかし、これからは一歩間違えば国が滅びる、そのくらいの真剣な態度で政治と向き合う必要がある。
そのへんの意識改革ができてないと、当事者意識が欠如した、無責任でいい加減な態度を取ってしまう。


■政治意識
次期選挙では、当事者意識を持って真摯に投票先を考える人が少しでも増えることを願う。
若い世代はもとより、中高年ですら政治なんてどうでもいいと放り投げている人間は珍しくないので、
そんな人にはこれを見せたい。基本のことばかりだが、日本でこの基本を理解しているのはおそらく少数だろう。
【データ】政治意識の重要性を説いた言葉


スポンサーサイト
雑記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。