--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/27.Wed

【自由民主党】谷垣禎一総裁定例会見(2012.6.26)



会見全文
http://www.jimin.jp/activity/press/president/117457.html

谷垣総裁発言
先ほど、社会保障と税の一体改革の関連法案、社会保障制度改革推進法の制定をはじめとしまして、自民党の主張を全面的に反映させる形で修正合意ができまして、衆議院を通過したこと。これは今、「決められる政治」を求められているわけですが、その実現に向けて大きな前進であったと思います。

私どもも野党として出来る限りの協力をして、ここに漕ぎつけたということであります。そして今回の三党合意によりまして、最低保障年金をはじめとする民主党のマニフェストは事実上全部反故になってしまった。事実上全部撤回となってしまった、ということであります。

政策面ではそういうことでありますが、他方今回、民主党の党内手続きの混乱によりまして、採決日程も大幅にずれ込んだ。それから、総理が最重要法案と位置付けるこの社会保障と税の一体改革について、民主党を一本にまとめることができなかった。これは極めて大きなことでございます。民主党執行部は、造反者に厳しい処分で臨むべきであります。我々は三党合意を致しました。したがって、参議院でも基本的には協力するということでありますが、その前提はきちっと民主党として体制を立て直す、処分をきちっとするということにございます。

それで、このように政策面、それから政権基盤の双方で民主党の政権担当能力の喪失が明らかになって来たということはですね、国民に信を問う必要というものが益々強まっているということを意味しております。今後わが党としては、参院において法案審議を進めた上で、早急に解散総選挙によって国民の信を問うことを求めていきたい、このように考えております。

※質疑応答は省略。会見テキストに記載


スポンサーサイト
自由民主党 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。