--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/07/19.Thu

【マスコミ】谷垣総裁の九州地方豪雨における被災地視察をアピール目的と記述する産経

【産経】自民・谷垣氏「激甚災害指定を」 熊本の被害現場を視察
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120716/plc12071612460008-n1.htm

自民党の谷垣禎一総裁は16日、九州北部豪雨の被害状況を調べるため、土砂崩れで死者が出た熊本県南阿蘇村や阿蘇市の現場を視察した。その後、阿蘇市役所で地元関係者らと意見交換し「激甚災害に指定しなければいけない」と述べ、政府に早期の指定を働き掛ける考えを示した。

自民党は既に「九州地方豪雨対策本部」を設置。谷垣氏は野田佳彦首相に先んじて被災地入りし、「責任ある野党」として危機管理の対処能力をアピールする狙いだ。

この後、同様に豪雨被害を受けた大分県竹田市に移動し、市の担当者から被災状況を聴取する。

-------------------------

普通、政治家の被災地視察は状況把握や対策のために行うものでアピールが第一の目的ではありません。
この記事では谷垣総裁がまず功名心や打算ありきで行動しているかのように記述しているが、
記者の印象操作に過ぎない。


スポンサーサイト
マスコミ | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。