--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/08/11.Sat

【雑記】国政のパワーバランスは議席数で決まる、それを理解していなければ政局は読めない

衆議院と参議院の会派別議員数はここで見れます。

【衆議院】会派名及び会派別所属議員数
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kousei4.htm
【参議院】会派別所属議員数一覧
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/180/giinsu.htm

なぜこれらのURLを張ったのかと言うと、
国会運営と議席数の関係を理解してない人間が散見されるから。

政局があるといつもそうなのだが、議席数を考慮しない意見を目にする。
例えば不信任案や問責を出すなら、過半数に達するには何議席が必要か、必要な交渉や根回しは、実現の可能性は、考えることは多く、大雑把な強硬論が通用する世界ではない。

国政って数の勝負ですよ。
基本的に議席を持つ者が強い世界ですから、国政の流れを正確に読み取るには議席数の把握が必須となる。
「現在の衆院・参院の議席構成は?」と聞かれても明確に答えられる人、そう多くはないのではないかな。
議席数の把握は忘れずにしておこう。

何議席で何ができるか、安定した国会運営にはどれほどの議席が必要なのか、それも正確に把握しましょう。
【政治知識】国会における権限と議席数の関係
【政治知識】国会議席における安定多数と絶対安定多数


スポンサーサイト
雑記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。