--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/17.Mon

【論考】石原伸晃の総裁選出馬には谷垣降ろしを肯定するだけの大義がない

政策が谷垣路線の継承なら、石原伸晃が出る必要はなく総裁が出馬すればいいだけだった。

谷垣禎一が自己否定に繋がる問責決議案に賛成したことを問題視するとしても、
執行部の幹事長である石原伸晃には責任が全くないと言えるか?

経験では与党閣僚や党総裁を務めた谷垣禎一に遥かに劣る。

自身の知名度から選挙の顔として党に貢献できるから、それも理由にならない。
政党支持率は谷垣総裁の時点でもトップで、正攻法で戦えば選挙に負けない状態だった。
また、石原伸晃は総裁選に出馬を表明してから度を超えた失言を連発。
それに加えて長老議員の影や、総裁を露骨な政局で引きずり降ろしたことも印象が悪い。
多少の知名度ではカバーできない悪評が早くも広まっている。

要するに反谷垣の人間に担がれ、それに本人が乗ってしまっただけのことで、
石原伸晃には谷垣禎一を降ろしてまで立候補する正当な理由が全くない。
反乱を肯定するだけの大義がない。

総裁選の公開討論会で、なぜ谷垣に代わって出馬したのかを質問されたが、
わけのわからない回答しかできなかったことが何よりの証拠だ。

【自由民主党】現職総裁不出馬に関する質問に対する石原伸晃の答弁(公開討論会)


スポンサーサイト
論考 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。