--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/11/06.Tue

【民主党】菅直人が総理辞任後にお遍路再開(SPを連れて)

2011年10月、総理を辞任した菅直人は中断していた「お遍路」を再開していた。
SP付きで。

このことは国会で批判されたことがある。

参議院会議録情報 第179回国会 外交防衛委員会 第3号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/179/0059/17911220059003a.html

※抜粋
自由民主党の佐藤正久です。

まず、閣僚の心、これについて議論をさせていただきたいと思います。

大臣、信なくば立たずという言葉がございます。普天間問題が進展しない理由の一つに、民主党政権の閣僚の中で、沖縄県民、とりわけ沖縄県知事とうまく関係がいっていない、特に知事が胸襟を開いて話すことができる閣僚がいないということが一つの問題だと思います。政治は心と言われています。震災対応もそうです。被災者に寄り添うと口では言っても、心がないと、それは言葉とかあるいは立ち居振る舞い、政策へみんな跳ね返ってきます。

菅前首相、玄葉大臣の地元の田村市の体育館の方に避難者の慰問に行かれました。ところが、全国に報道されたように、二家族ぐらいしか挨拶をせずに帰ろうとした。残りの方々がいっぱいいた。葛尾村から避難されていたお父さんがもう帰るんですかと言ったら、慌てて帰ってきて、済みません、気が付きませんでしたと。うそですよ、体育館の中ですから。そうしたら、奥様から、もうあなたの言葉は信用できませんと言われたら、菅首相は、済みません、反省させてくださいと。ああいう映像は見たくありませんでした。

また、お盆までに仮設住宅を造り切るという約束をしていました。ところが、それはできなかった。八月二日はもう辞意を表明された。東北の方に行って、そしてできなかった理由を説明し、今後の対応を説明するのかなと思ったら、その日の夜からほぼ毎晩飲み歩き。新聞に全部出ていますから。被災地の方々は、見てがっかりしていましたよ。さらに、今度、お辞めになってから東北に足を運んでいろいろ被災地対応をやると思ったら、行っているのは今度は四国の方にお遍路、しかも警察のSP付きですから。マスコミの前でおいしそうにアイスクリームを食べている写真が雑誌に載ってしまう。

やっぱり、こういうのを見てしまったら、被災者に寄り添うと言った首相の言葉はどうなんだと。これでは国民との信頼、信なんかつくれっこないと思いますけれども、玄葉大臣、福島の議員です、どう思われますか。


■ソース
菅前首相、お遍路再開
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1317612361/
【あの人はいま】菅前首相、四国霊場巡りを再開
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1317609404/


■関連情報
菅直人 wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E7%9B%B4%E4%BA%BA
公式サイト
http://www.n-kan.jp/
※2009年衆院選・選出選挙区→東京18区


スポンサーサイト
民主党

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。