--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/12/05.Wed

【自由民主党】谷垣禎一は本当にハニートラップに引っかかったのか?

■案件
谷垣禎一は本当にハニートラップに引っかかったのか?


■説明
報道を行った週刊文春側を谷垣氏が提訴、2審判決で勝訴となっています。
よって、ハニートラップは明確な証拠に基づく情報ではありません。

谷垣禎一 wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%9E%A3%E7%A6%8E%E4%B8%80

※抜粋
週刊文春(2005年12月8日号)で1988年(昭和63年)訪中時に女性を買春し、中国公安当局に尋問されたと報じられた[38][39]。これを受けて谷垣は名誉を棄損されたとして、謝罪広告の掲載と2200万円の損害賠償を求めて週刊文春の発行元である文藝春秋側を提訴[40]。1審(東京地裁)は名誉棄損の成立を認めて文藝春秋側に330万円の支払いを命じ[41]、2審(東京高裁)では1審判決を支持した上で賠償額を220万円に減額[42]。その後最高裁は文藝春秋側の上告を棄却し、2審判決が確定した[43]。


スポンサーサイト
自由民主党

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。